空想四季 -春-

あまりにも人の命は儚く
まるで泡沫の夢のように
花のように散る

永久に生きる桜の精は自らを恨み
心は悲しみで溢れ、幸せな記憶を辿る
そして唯一つの願いを込めて
静かに目を閉じるのだった


inserted by FC2 system